作業員

蜂の巣を撤去して退治する前には下準備が必要

暖かい季節は注意

女性

暖かい季節になると、生物の動きも活発化してきます。特に蜂は巣を作る為に大量に飛び交います。近年蜂の巣が住宅地で目撃されるケースも増えています。退治するにはコツが必要です。

読んでみよう

音や香りに敏感

女性

ハチは、使っていない空き家や、民家の軒先に巣を作る習性があります。蜂の巣ができるには多少の時間が掛かるので、小さい内に発見できたのなら早々に撤去しましょう。巣が小さいからといって、間違っても素手で触れる様なことがしてはいけません。ハチは香りや振動に敏感に反応するので、すぐに攻撃されてしまいます。ハチの中でもスズメバチやアシナガバチなど獰猛な種類のハチが巣を作っている場合は、むやみに刺激しないでおきましょう。

蜂の巣を撤去する時は、必ず厚手の防護服と手袋を用意しましょう。夏場であっても露出する様な薄着で退治をしようとしては危険です。ハチは素早く集団で攻撃を仕掛けてくるので注意しましょう。目元部分以外は覆われた防護服が安全に作業できるでしょう。隙間なく着用したら、蜂の巣と適度な距離を取り、市販のスプレーや駆除剤を散布してハチを退治しましょう。小さい巣であればあっと言う間に駆除できますが、巣の大きさが20センチを超えるようなら専門会社に依頼して退治してもらいましょう。

専門会社に依頼すると、依頼の状況に応じて即日でも対応してくれます。現地調査を行なって、巣の大きさやハチの種類に応じた駆除を行なってくれます。作業費は巣の大きさや構造によって変わってくるので、事前に見積もりを出してもらいましょう。一度駆除しても時間が経つと、ハチが戻ってくる場合もあります。そうならない為には、定期的なアフターフォローを行なってもらい検査を依頼しましょう。

獰猛な性質

ハチ

スズメ蜂の巣を見つけたら、むやみに刺激せず専門会社に依頼して退治してもらいましょう。スズメ蜂はハチの中でも大型で獰猛な性格です。攻撃性も高く刺されると激痛を伴います。

読んでみよう

種類と巣の形状

ハチ

蜂に巣は、住んでいるハチの種類によって形状が異なります。例えば、巣の中が見える様に作られている場合はアシナガバチが住んでいる可能性が高いでしょう。育房が露出する様な形状が特徴と言えます。

読んでみよう